当ブログでは主に株式関連の時事ニュースや管理人が株式投資を実践を通して訪問者の方に役に立つ情報を中心にご紹介していきます。 このブログを通して訪問者の方のお役に立てれば幸いです☆




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※当サイトを応援して頂ける方は、ワンクリックご協力お願い致しますM(_ _"M)



マーケットスピード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 マーケットスピードは、楽天証券が提供する、リアルタイム表示のチャートソフトウェア。

 松井証券の「ネットストックトレーダー」と双璧をなす、バランスのとれた総合力のあるソフトでもある。

概要

 マーケットスピードは、WEB上のソフトではなく、HDDインストール型のソフトである。 そのため、安定度とスピードに優れている…とされていたが、最近ではブロードバンド環境が整い、あまり優位性は感じられない。 また、下記にあげる楽天証券のサーバーダウン多発については、重大な問題点となっている。

[メリット]

 松井証券の「ネットストックトレーダー」と比べると、際立って優れている点というのは、実はあまりない。 ネットストックが自由度・機能特化に重点を置いているのに対し、全体のバランス(使い勝手・見易さ)に重点が置かれている。 パソコン初心者にも、易しいソフトである。

 マイページを利用すれば、自分の好きな情報を表示できる。 同じ銘柄のチャートを複数表示した時に、同じ情報が重複してしまうのはスペースの無駄なので、連動機能がほしい所である。

 どのウインドウからでも、すぐに執行注文できるのは非常に便利であるので、楽天証券をメインとして使うのであれば、メインツールにすべきだろう。 また、バージョンアップの頻度が早く、常に進化を続けている点も好感がもてる。

[デメリット]

 欠点として、画面の切り替えが面倒であること。 初心者には分かりやすいのだが、慣れてくると、画面を切り替えるのが面倒になる。 いくらマイページがあるとは言え、必要なページにダイレクトに行けるよう、ショートカットやメニューバーは必要だろう。

 また、連動機能に対応してないため、同じ銘柄のチャートを複数表示させようと思うと、銘柄コードを何度も入力する必要がある。 これは時間と労力から、ストレスが溜まってしまう。 やはり、チャート連動機能の導入は、必須であろう。

 以上まとめると、たしかに初心者にも分かりやすいソフトであるが、分かりやすさを追求するあまり「ウインドウ切り替え」が多く、逆に分かりにくい部分もある。 ウインドウ切り替えを少なくするか、それをサポートする機能を増やすか…。 この辺りの根本的な改善を、次回のバージョンアップで期待したい。

 また最大の欠点は、2005年12月において、非常にサーバーダウンが激しい事である。 1日2?3回(場合によっては5回以上も)ソフトが落ちるのは、タイミング重視のデイトレードでは問題であろう。 楽天証券には、早急な改善を望みたい。

利用料

2006年1月現在、3ヶ月6300円であるが、楽天証券での約定を3ヵ月に一度でもすれば、無料になる。 裏技として、低位株を一株でも買えば、条件はクリアされる。 50万円以下の資金しかない人や、メインが他の証券会社で「ツールのみ」使いたい人には、お勧めである。

スポンサーサイト


※当サイトを応援して頂ける方は、ワンクリックご協力お願い致しますM(_ _"M)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://whiteink.blog63.fc2.com/tb.php/15-8f252788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック