当ブログでは主に株式関連の時事ニュースや管理人が株式投資を実践を通して訪問者の方に役に立つ情報を中心にご紹介していきます。 このブログを通して訪問者の方のお役に立てれば幸いです☆




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※当サイトを応援して頂ける方は、ワンクリックご協力お願い致しますM(_ _"M)



ネットストックトレーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ネットストックトレーダーは、松井証券が「ネットストック会員」に提供する、リアルタイム表示のチャートソフトウェア。 楽天証券のマーケットスピードと双璧をなす、強力なカスタマイズ性をもつ。


概要

 楽天証券のマーケットスピードが、全体のバランス(使い勝手・見易さ)に重点が置かれているのに対し、ネットストックトレーダーは「カスタマイズの自由度・機能特化」に重点を置いている。

 メインの証券会社は別にして、ネットストックをツールとしてだけ使うため、松井証券と契約する人も多い。 それほど、ある意味で「完成されたチャートソフト」であるといえる。

 ちなみに、ネットストックトレーダーのプレミアム版は、株ドットコム証券の「KABUマシーン」、マネックス証券の「マーケットライダープレミアム」と、ほぼ同機能・同デザインである。これらの証券会社をメインに使っている場合には、そちらのソフトを使えば注文・約定確認までできて便利である。

[メリット]
 
 楽天証券のマーケットスピードとの相違点を述べると、一番の優位点は「銘柄クリックで、瞬時に連動してチャート表示できること」である。 膨大な銘柄リストを作成しておけば、瞬時にその銘柄の「板情報・チャート・ニュース」などを見られるのは、魅力であろう。

 銘柄リストを「矢印キー上下 + エンターキー」で、次々と銘柄変更できるのが便利で、多数の「銘柄チェック」には最も優れている。 マーケットスピードのように、同じ情報を重複して表示せずに済むので、テクニカル派にはお勧めである。

 銘柄リストのバックアップ機能など、ユーザーの使い勝手も考えられており、パソコン上級者が使っていてもストレスが非常に少ない。

[デメリット]

 逆に、少し劣っているのは、複数の銘柄チャートを同時表示させるのは、苦手であること。 上記の銘柄クリックでの連動表示は、複数銘柄には適用されない。 簡単な操作で、2?3銘柄を同時表示ができるようになれば、まさしく無敵だろう。

 また、あまりに自由度が高すぎるため、パソコン初心者には使いこなせない場合もあるだろう。 ウインドウ毎に個別設定する必要があるため、最初の設定が面倒なのも賛否が分かれる。 例えば、ツールバー設定数を増やして、共有できれば面倒がないかもしれない。


 また、ID契約制のため、ID一つにつき1マシンでしか、起動できない。 そのため、複数パソコンを持っていても、同時起動はできない。 しかも、同一名義では、複数ID契約もできない。 ここら辺の使い勝手は、改善してほしい部分である。

 ただし、上記に記したように「株ドットコム証券」「マネックス証券」と契約して、同機能版を使うことで、とりあえず解決できよう。

利用料

 ネットストックトレーダーには、通常版の「ネットストックトレーダー」と、機能強化版の「ネットストックトレーダー・プレミアム」の二種があるが、実際には別モノと言ってよいほど、機能強化が図られている。 2006年1月現在の利用料は、前者が月1890円(最低1697円)、後者が月3150円(一律)のため、中級者以上には「プレミアム」のほうがお勧めである。

 なお、楽天証券のマーケットスピードの利用料は3ヶ月6300円だが、一度でも約定があれば無料となる。余力のない初心者には、こちらがお勧めかもしれない。

ネットストックトレーダー

 プレミアムとの大きな相違点は、チャートが一種類しか使えない点である。
複数気配の数量割合を「垂直インジケーター」でグラフ表示し、売買の強弱の推移を把握できる。
銘柄リストは、最大200銘柄 (10銘柄×20ページ)
ニュース更新は、20分遅れ。
歩み値は、最新50本まで。
発注機能は、なし。

ネットストックトレーダー・プレミアム

 通常版との大きな相違点は、チャートを複数表示できる点である。
銘柄リストを、1000銘柄(50銘柄×20シート)登録できる。
強力なチャート連動機能。
15分・20分・30分足チャートに対応。
リミットマインダー(監視銘柄の通知)機能。
便利だった「垂直インジケーター」がない点には、注意が必要である。
騰落インジケーター機能。

※ その他、細かな機能として、以下のものがある。

表示ウインドウのロック機能。
文字サイズの変更機能。
レイアウト作成機能。
歩み値は、当日・前日分を表示。
発注機能、あり (注文画面の呼び出し機能)
スポンサーサイト


※当サイトを応援して頂ける方は、ワンクリックご協力お願い致しますM(_ _"M)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://whiteink.blog63.fc2.com/tb.php/14-d3eef6d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック