当ブログでは主に株式関連の時事ニュースや管理人が株式投資を実践を通して訪問者の方に役に立つ情報を中心にご紹介していきます。 このブログを通して訪問者の方のお役に立てれば幸いです☆




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※当サイトを応援して頂ける方は、ワンクリックご協力お願い致しますM(_ _"M)



プロフィール
学歴:

1947年 Woodrow Wilson High School, Washington D.C.

1947年-1949年 ペンシルバニア大学・ウォートン校ファイナンス学科 (Wharton School of Finance)

1950年 ネブラスカ大学 (B.S., University of Nebraska)

1951年 コロンビア大学・経済学修士

職歴:


1951年-1954年 Buffett-Falk & Co.(オマハ) - Investment Salesman

1954年-1956年 Graham-Newman Corp.(ニューヨーク) - Securities Analyst

1956年-1969年 Buffett Partnership, Ltd.(オマハ)- General Partner

1970年-現在 バークシャー・ハサウェイ (Berkshire Hathaway Inc)(オマハ) - Chairman, CEO

1943年(13才)
自転車を仕事の経費として控除し、初めて所得税申告をする。
1944年(14才)
農地40エーカー(0.2km)に、彼の貯金の1,200ドルを投資する。
1945年(15才)
最初の仕事は、彼の父の仲介で黒板に株価を書くことであった。後に、彼はワシントンポスト紙を届けることで毎月175ドルを得ていた。
1947年(17才)
高校の最高学年に、バフェットと彼の友人は中古のピンボールマシーンを25ドルで購入し、それを理容室に置いた。数か月のうちに、彼らは3つの異なる場所で3台の機械を所有した。彼らは、退役軍人に1,200ドルでその年の後半に彼らの商売を売った。ペンシルバニアのウォートン校のファイナンス学科に入学。
1949年(19才)
ネブラスカ大学に転校。J.C. ペニーで仕事を提供されるがこれを断る。たった3年で大学を卒業し、彼の貯金はこの時点で9800ドルに達する。
1950年(20才)
ハーバードビジネススクールへの入学を申し込むが、拒否される。彼は結局、ベンジャミン・グレアムとデイビッド・ドッドという、2人の有名な証券アナリストがコロンビア大学の教授であることを学んだ後にコロンビア大学に入学した。
1951年(21才)
グレアムがその時ゲイコ保険の重役であることを発見した。彼は、電車に乗ってワシントンD.C.に行き、管理人が彼を入れるまで、その本部のドアをノックした。誰が働いているのかを尋ねた後に彼は6階でひとりの男性を見つけた。その男性はその会社の財務部門の副社長であると分かった。バフェットが彼に大方のビジネスと保険に関して質問する間、彼らは何時間も話しました。バフェットは卒業してウォール街で仕事をしたかった。彼の父親とグレアムは彼がそこへ行くことを勧めなかった。彼はグレアムのために無料で働くことを申し出ましたが、グレアムは拒否しました。バフェットは故郷に帰ってスーザン・トンプソンとデートを始めました。バフェットは、副投資としてテキサコガソリンスタンドを購入しました。それは、彼が望んだほどうまくいきませんでした。一方、彼は株式のブローカーとして働いていました。バフェットはデールカーネギー演説コースを取りました。自分が学んだことを使って投資原理についてネブラスカ大学の夜間コースで教えることに十分な自信を彼は感じた。彼が教えた生徒の平均年齢は彼の倍あった。その当時彼はたった21才だった。
1952年(22才)
4月、スーザン・トンプソンと結婚。彼らはアパートを家賃65ドルで賃貸して最初の子供、スージーをもうける。
1954年(24才)
ベンジャミン・グレアムより電話にてベンジャミン・グレアムの会社での仕事を提供される。初任給は年俸12,000ドル。スーザン・バフェットとの間に第2子ハワード・グレアム・バフェットをもうける。
1956年(26才)
グレアムが会社をたたみ引退。6年早く大学を出て以来彼の個人貯金は9,800ドルから140,000ドル以上に成長していた。バフェット家は、オマハに戻った。5月1日に、7家族と友人から合計で105,000ドルを預ける株式会社バフェット・アソシエイト社を設立。バフェット自身は100ドルだけ投資した。バフェットは年の推移に関係のない2つの追加のパートナーシップを作った。彼は、結局彼の管理下にあるパートナーシップを3つにした。
1957年(27才)
バフェットは2つパートナーシップを自分の持っているパートナーシップを加えた。この時点で彼は家から5つの投資のパートナーシップを運営していた。彼の妻が3人目の子供ピーター・バフェットを身ごもっていたので、ウォーレン・バフェットは5つの寝室がある漆喰の家をファーナム通りに31,500ドルで買った。彼は以来そこに住んでいる。
1958年(28才)
パートナーシップの三年目が終わって、バフェットはパートナーのお金を2倍にした。
1959年(29才)
バフェットは、最終的にバークシアハサウェイの副会長と会社の成功の肝要な部分になるチャーリーミュンガーに紹介された。2人はすぐに意気投合した。
1960年(30才)
バフェットは、彼のパートナーのうちの1人の医者に彼のパートナーシップのそれぞれに10,000ドルずつ投資する気がある10人の他の医者を見つけるよう頼みました。最終的に、11人の医者が投資することに同意しました。
1961年(31才)
数百万の価値のあるパートナーシップを使って、バフェットは、はじめの100万ドルを風車製作会社に投資しました。
1962年(32才)
バフェットは彼の古い知り合いから資本を集めるために彼の妻のスーザンとニュー・ヨークへ数週間の間行って戻った。旅行の間、彼は数人のパートナーから何十万ドルかの資本を集める。10,500ドルからはじめたバフェット・パートナーシップはこの時点までに720万ドルの価値があった。ウォーレンとスーザンバフェットは、個人的な資産100万ドル以上を所有する。バフェットはパートナーシップの全てを単にバフェット・パートナーシップとして知られている1つのものに合併した。事務所は、機能的だがあまり豪勢ではないKiewit Plazaに移る。事務所は今日までそこにある。パートナーシップの最小限の投資は、25,000ドルから100,000ドルまで上がった。バフェットは、デンプスターという風車会社について、ミュンガーに意見を聞いた。ミュンガーはハリー・ボトルを推薦した。この行為は大変利益をもたらすということがわかりました。ハリー・ボトルは経費を削り、労働者を解雇して、会社に現金をもたらした。バフェットは織物製造会社バークシャー・ハサウェイを発見した。それは1株当たり8ドル未満で売られていた。彼は、株を買い始めた。
1963年(33才)
バフェットは、デンプスターを彼が投資した金額の3倍で売った。バフェットが投資している間に、ほとんど役に立たない会社は200万ドル以上だけの価値がある株のポートフォリオをつくった。バフェット・パートナーシップは、バークシャー・ハサウェイの筆頭株主になった。
1964年(34才)
詐欺スキャンダルのために、アメリカン・エキスプレス株が、35ドルに落ち、世界が株を売る間、バフェットは猛然と株式を買い始めた。
1965年(35才)
バフェットの父ハワード・バフェット、死去。バフェットは、ウォルト・ディズニーに会った後にウォルトディズニー社の株を購入し始めた。彼は、会社のおよそ5%の400万ドルを投資した。アメリカンエキスプレス株は、バフェットがその会社に支払った金額の倍以上の価格で売られていた。バフェットは、ビジネスクーデター、つまり重役会でバークシャー・ハサウェイの支配をして、新しい社長としてケン・チェイスを会社を指名した。
1966年(36才)
バフェットの純資本は、6,849,936ドルに達する。
1967年(37才)
バークシャーは、初めてそしてたった10セントを配当で払った。10月に、バフェットは彼のパートナーに手紙を書いて、彼がお買い得品を60年代の騒々しい株式市場では見つけられないと彼らに伝えた。彼のパートナーシップは、6500万ドルの価値があります。彼は、短期的に投資を離れて他の興味を追いかけようと考えました。アメリカン・エキスプレスは1株当たり180ドル以上に達して、1300万ドルの投資での利益でパートナーシップを2000万ドルにしていた。バークシャー・ハサウェイは、バフェットの指示でNational Indemnity Insuranceを取得し、それに860万ドルを払った。バフェットはアイオワの名門の一般教養学科大学グリンネルカレッジの理事の一員になる。彼は、今日まで理事であり、1970年代と80年代を通して大学の巨額の基金を導くと信じられている。グリンネルカレッジは、現在アメリカ合衆国のどんな一般教養学科大学よりも大きな基金を持っている。バフェットの純資本は、1000万ドル以上となった。
1968年(38才)
バフェット・パートナーシップは4000万ドル以上を稼ぎ、総額1億400万ドルに達する。バフェットは、グリンネルカレッジの受託者の重役となった。
1969年(39才)
彼の最も成功した年の次に、バフェットはパートナーシップを終えて、その資産を彼のパートナーに清算した。払われる資産の中にバークシャー・ハサウェイの株式があった。バフェットの個人の純資本は、2500万ドルであった。
1970年(40才)
バフェット・パートナーシップは、完全に解消されて、資産を譲渡した。ウォーレン・バフェットは、バークシャー・ハサウェイの発行済の株の29%を所有する。彼は彼自身を議長に指名して、株主に一年の手紙を書き始めた。バークシャー・ハサウェイは、織物活動から45,000ドル、保険、銀行業務と投資から470万ドルを儲けた。実際の会社自体よりバフェットの副投資は稼いだ。
1971年(41才)
彼の妻の要請で、バフェットはラグーナビーチで150,000ドルの夏の家を購入した。
1973年(43才)
株価は、下がり始めた。バフェットの指示で、バークシャーは8%で発行手形を出すことによって、お金を借りた。バークシャーはワシントン・ポスト社の株式を取得し始めた。バフェットはワシントン・ポスト社とその機関紙を支配しているキャサリン・グラハムと親しくなって、その取締役会のメンバーになった。グラハムは自叙伝で頻繁な助言と個人的な知識の教授を通しての経営学の学位と同等の知識をグラハムにあたえることで彼を信用し、グラハムは友人となったはじめの年のころ、1日に何回も彼に電話したと語った。
1974年(44才)
株価を下落したために、バークシャーの株式ポートフォリオの値は、減少し始めた。ウォーレンの個人の富は、50%以上削減されました。米証券取引委員会は、ウォーレンGHバフェットとバークシャーの合併のうちの1つの調査を開始したが、不審な点は何もそこから出なかった。
1977年(47才)
バークシャーは、間接的にバッファロー・イヴニング・ニュースを3250万ドルで買った。彼は、競争している新聞によって独占禁止告訴に後に直面しました。公式には彼と離婚してはいないが、スージーはウォーレンのもとを去り、ウォーレンは落胆した。
1978年(48才)
スージーはウォーレンをアストリートに紹介し、その人は結局彼と引っ越していくことになった。
1979年(49才)
バークシャーは、ABCで株式を取得し始める。バークシャーは、1株当たり290ドルで取引した。ウォーレンの純資本は、約1億4000万ドルであった。彼自身は1年につき50,000ドルの彼の給料だけで暮らしていた。
1981年(51才)
ミュンガーとバフェットはバークシャーの慈善寄付計画を作り、各々の株主が会社の利益のいくらかを彼または彼女の個人の慈善団体に寄付するのを認めた。
1983年(53才)
バフェットはネブラスカ家具マートを6000万ドルで買って、その会社の株式ポートフォリオが13億ドルとなってその年を終えた。年始にバークシャーは1株当たり775ドルで、その年の終わりには1,310ドルで終わった。ウォーレンの純資本は、6億2000万ドルとなった。彼は、初めてフォーブズリストを作成した。
1985年(55才)
バフェットは、長年、織物工場を維持してきた後、バークシア織物工場を閉鎖した。彼は、増資をそれに割り当てることを拒否した。バフェットは、スコットとフェッツァーをおよそ3億1500万ドルで購入。その会社は、カービー真空と世界の本の百科辞典含む製品を売っていた。ウォーレンは、ABCとCap Citiesの間での合併を調整するのを手伝った。連邦法律では彼がCapital Citiesとケイグレアムのワシントンポストの重役にいるのを禁止するので、彼はワシントンポストの重役会を去ることを強制された。
1986年(56才)
バークシャーの株価は、3,000ドルに達する。
1987年(57才)
1987年10月の暴落の余波によって、バークシャーはその価値の25%を失った。そして、1株当たり4,230ドルからおよそ3,170ドルまで落ちた。
1988年(58才)
バフェットはコカ・コーラの株式を買い始める。そして、結局その会社の発行済み株式の7パーセントまでを10億2000万ドルで買い増しすることとなった。それは、バークシャーの最も儲かる投資のうちの1つであることが後に示されることになる。
1989年(59才)
バークシャーは、1株当たり4,800ドルから、8,000ドル以上まで上がった。ウォーレンの純資本は、38億ドルとなった。
1997年(67才)
ウォーレン・バフェットは、銀を投資として1オンス当たり4.40ドルで1億3000万オンス購入した。合計の価値は5億7200万ドル。
2002年(72才)
バフェットは、他の通貨に対して米国のドルを売るという先物契約を110億ドル相当で行った。
2003年(73才)
12月31日までに、昨年からの先物契約に関する彼の得た利益は、6億ドル以上であった。バフェットもiswitched.orgによって行われたオンラインウェブ世論調査で2004年の大統領の緑の党ノミネート候補者の考えられる候補ラルフネーダーの次の第2位になりました。
2005年(75才)
米国ドルが強くなったとき、2002年の契約からの利益は減った。

バフェットの見解

税に関する見解

遺産税
バフェットはニューヨーク・タイムズ紙において、「社会的成功の要因が親から相続した遺産によるものではなく、個人の実力に起因する社会をつくることにより経済成長を促進する点で遺産税は非常に重大な役割を果たしており、遺産税をなくすことは2020年のオリンピックチームを2000年のオリンピック金メダリストの長男からそのまま選ぶようなものである。」と述べている。

配当に関する見解

アメリカの上院が2003年に配当にかかる税金を50%免除し、2004年から2006年まで配当にかかる税金を100パーセント免除するという提案が議論されたときに、バフェットはワシントン・ポストにそれは、さらに金持ちに有利なように税率をするという意見の一部を書いた。

上院の税の削減計画のかわりにバフェットはそれを社会保障税「休日」という形でお金を使う、または必要としている人か税金の払いの戻しという形で低収入の人々へ減税とすることを提案しました。 バフェットは、現在配当を払っていないバークシャー・ハサウェイが来年配当で10億ドルを払ったとする仮定的状況の姿勢をとりましました。

彼の持ち株の31%はさらに3億1000万ドルが免税されて彼の収入となる。彼のオフィス秘書にはおよそ30%の税率がまだある一方でこれは、彼の税率をおよそ30%から3%に減らすこととなる。 「バークシャーの配当が免税になっているなら私が払うであろう3%の全体的な連邦税は少し軽いようだ」とバフェットは書いた。

「310,000人の家族のポケットに急な必要性で1,000ドルずつ入れることは私のポケットに同じ3億1000万ドルを入れることよりも遥に経済に刺激をあたえる」とバフェットは加えた。

財産税
ウォーレン・バフェットは、例を例示するために、彼自身の財産を用いました。ネブラスカ州オマハにある彼の自宅はおよそ500,000ドルの価値があり、その最近の財産税は1年で14,401ドルであった。1970年代に買ったカリフォルニア州ラグーナにある彼の最初の家は、400万ドルの価値がありその最近の財産税は1年で2,264ドルであった。最初の家に隣接した彼の第二の家は、90年代に購入して、200万ドルと評価され最近の財産税で12,202ドルである。

バフェットはウォールストリートジャーナルのインタビューにおいて2つの家にかかる税金はオマハにある彼の家のように価値に基づくべきだが、1978年のカリフォルニア提案13号によって設立された財産税の増加の制限のおかげでその代わりに購入日に基づいていると言った。

「実のところ、それは意味がない」ウォールストリートジャーナルにおいて購入日によって税金の査定に関する大きな違いがあることについて言及したときバフェットは語った。


所得税
バフェットはジョージ・W・ブッシュ大統領の富裕層をひいきするような所得税の減税に反対している。「もし階級戦争がアメリカで行われているなら、明らかに私の階級は勝っている」とバフェットは書いた。2004年の大統領選挙では、彼は民主党の候補ジョン・ケリーを支えて、ケリーの経済アドバイザーとなった。


他の項目への見解
バフェットは、アメリカとその他の先進工業国の近年の経済に関する問題の多くは、人口の急増と組織を手助けする商取引の量に基づいて補償はされるが直接は何も生み出さない組織に起因していると信じている。

バフェットはほとんどの株式取引が推薦されて、主に投資家よりむしろ株式ブローカーに益するように感じられるし、また、もしそれぞれの人々が人生の最大数の株式取引、例えば10回か20回をすれば、世界は利益を得るだろうと述べた。

バフェットは、1998年ハーバードにおいて金の何も生産しない側面を強調した。「金はアフリカかどこかから掘り出される。それから、我々はそれを溶解して、他の穴を掘って、金を入れてからもう一度穴を埋めて、守っているあたりに立つためにいる人々に賃金を払います。それは、なにも有用性がありません。火星から見ている誰もが頭を掻いています」

バフェットはまた雇用の選択権下の補償は直接商業支出として計画を立てると考える。彼は、Corporate America がこれを会社の儲けからの直接の控除として気づいていないことに唖然とした。彼は首尾一貫して会計説明規則で補償を支出として反映するよう単に注釈としてではなく変更のために働きかけていた。彼は諺を引用した。「もし、それが補償でないならそれは何だ。もしそれが損益計算書に入らないなら、それはどこにはいるんだ」

バフェットは、最終的にはアメリカドルはその価値を失うと信じている。彼は拡大している貿易収支赤字をアメリカドルとアメリカの資産価値を減少させる憂慮すべき傾向という見解をもっている。

結果として、アメリカの資産の大部分の所有権が外国人の手に渡る。これは、バフェットを2002年に初めて外貨市場に入らせた。そのときから、外国の資産に基づく彼の資産は拡大している。


伝記
彼は11才で彼の最初の株式の購入をした。そして、1株あたり38ドルでシティ・サービスの優先株を買い、価格が40ドルに達したとき、彼はそれらを売った。そして、その株式が数年後に200ドルまでロケットのように急上昇していくのを見ているだけであった。これは、彼に長期の間良い会社に投資することの重要性を教えた。

彼はネブラスカ大学に通って、そこからペンシルベニア大学ウォートン校に移りコロンビアビジネススクールで経済学修士の学位を取った。そして、ウォルター・シュロッスとアーヴィング・カーンのような他の新進の価値投資家と並んで、ベンジャミングレアムの下で勉強した。バフェットの投資哲学に対するもう一つの影響は、有名な投資家で作家のフィリップ・フレッシャーであった。

証券分析講義においてベンジャミン・グレアムが今までに唯一生徒に与えたA+ をとった後に、バフェットはグレアム・ニューマンで働きたかったが拒絶された。彼は自分の父親の仲介業の会社に行ってセールスマンとして働いた。バフェットの押した株式銘柄はゲイコだった。バフェットは、グレアムが取締役であると気付いたあとゲイコ株を選んだ。グレアムはゲイコで大きなポジションを持っていた。誰も気まぐれで株を買ったりはしない。バフェットは、週末にさらに詳細に調査するためにゲイコのトップのオフィスを訪れた。彼は誰かがドアを開けるまでドアを叩いて、将来のゲイコの社長のところに通されて、自分をグレアムの生徒だと紹介した。彼は保険業務で事故のコースを与えられおり、ゲイコが保険業界の競争においてどんな有利なことがあるかを聞いた。バフェットは直接販売する経済問題とおそらく保険の利益により重要な「流動的なもの」つまり保険会社が保有していて、会社の利益のために投資することができる基金にさらされた。

長期間保険証書を引き受けることによって保険産業は最小限の利益を稼ぐ。しかし、流動的なものであれば、もしマネージャーが有能な投資家なら儲かる商売ができる。バフェットはこの点に大きな強調を1年間の株主の手紙でとっている。

バフェットはスーザン・トンプソンと1952年に結婚した。彼らはともに3人の子供スージー、ハワード、ピーターをもうけた。2人は1977年に別居を始めたが2004年6月にスーザン・トンプソンが死ぬまで結婚は継続していました。

1954年、グレアムはバフェットを招いた。彼はグレアムとウォルター・シュロスとともに緊密に働いた。勤務しているタフな男、グレアムはその株式の値段とその株式の本来の価値との間の矛盾をよく考えた後、株式は広い安全域を与えるのだと断固主張した。株式の価値はその株式の値段以上の価値があるというグレアムの要求はバフェットにとって道理にかなったことだと思わせた。しかし、その基準があまりにも厳しいのではないかどうかということも疑問に思わせた。そのために、彼らはいくつかの大きなより質的な価値があった勝者の株式を逸したのではないかと疑問に思わせた。

2年後、バフェットはオマハに戻った。彼は初めの大口で顧客自身のために投資を管理するために自分の専門技術を探していた顧客に会うまで彼の心には特定のキャリアプランはなかった。これが、バフェットに自分自身のお金と友人や家族のお金をいっしょに資金管理する投資のパートナーシップを設立する道を開けた。

彼はベッドルームの外で、グレアムの投資方法と補償構造を緊密に固守しながらパートナーシップを経営した。パートナーシップは、バフェット・パートナーシップ・リミテッド(BPL)と名づけられた。BPLは1956年から1969年の間、市場平均は7%から11%なのに対して毎年おおよそ30パーセントの利益を出した。

彼のパートナーシップは3つの方法を採用した。

一般:安全域を有し予期されるリターンまたはリスクを獲得できると思える価値以下の株式
裁定取引: 企業の出来事が企業の合併、買収、清算などといった幅広い市場の変化に関連していない
支配: 相当数の持ち株を取得するか他の株主と同盟を組むか企業に変化をもたらすために代理人を雇用する
1962年にBPLは斜陽の織物産業の巨大製造企業で流動資産以下で売られていたバークシャー・ハサウェイの株式を取得した。バフェットと当時の社長で大株主だったシーバリー・スタントンは株式の買い戻し価格で3から8ドルだけ異なっていた。交渉は決裂して、BPLは見える範囲のすべての株を発行済み株式の49%になるまで購入した。そして、ケン・チェイスを社長として就任させた。

バフェットはバークシャー・ハサウェイの経営に集中するためにすべてのパートナーシップを解散した。バークシャーの副会長チャーリー・ミュンガーは、「織物産業の失敗のために会社を購入したことは間違いだった。しかしながら、バークシャーは世界で最も大きな持株会社のひとつになった」と述べた。

騒がしい強気の市場が続いている時に、バフェットは投資のアイデアを思いつくために懸命にさせられる。1969年バフェットは自分のパートナーシップを清算することを決断した。彼は限定されたパートナーに現金か彼が保有することを決めた2つのうちの1つバークシャーの株かの選択を与えた。

バフェットは毛織物ビジネスを維持するために必須の現金を個人的なビジネスと公共企業の株式を取得するために向け直した。彼の戦略の核はは保険または再保険会社を購入する、また作ることで、普通株を買うスーパー証拠金勘定として、それらを利用することになっていた。 バークシャーは、しっかりした引受業務規律を示して、彼らの経歴を通して費用を意識したマネージャーを選ぶ。バークシャー株主との利益を合わせるために、保険マネージャーは、収益成長率目標会議のためでなく引受業務利益のために補償される。


マネージメントスタイル
バフェットは自分自身を他の誰よりも資本分配者という見解を持っている。彼の主要な責任は資本を経済によいビジネスに分配することと彼らの現在の管理方法を会社を導くために保持すること。

バフェットはビジネスで企業支配を行うときに、彼はオーナーたちに以下のことは明確にした。

自分は会社に経営に干渉するつもりはない。
自分はトップの雇用と補償の決断をするつもりである。
ビジネスに配分された資本は値札、ハードルレートを取り付けて、この過程がオ?ナーたちに彼らに低いリターンで投資するよりもむしろバークシャー首脳への費用よりも大きなリターンが得られない過度の資本を送らせることを動機付ける。この現金は、高いリターンが提供されているときに投資される自由なお金になる。
バフェットのものを渡すような方法は、強いアピールを持っていて、所有者達そして彼らのビジネスの究極の決断者としてのマネージャーのための部屋が作られる。この取得戦略は、売り手が売ったあとに独立して仕事をするための部屋を欲するために、バフェットに企業を公平な価格で買うことを出来るようにする。

バークシャーのキャッシュ・フロー計算書と損益計算書を管理するバフェットの能力を加えて、バフェットは貸借対照表を管理する能力も持っている。バークシャーを取得して以来、彼は貸借対照表にすべての決断が与える衝撃に重きを置いてきた。バフェットは、バークシャーをムーディーズの格付Aaaの7つの企業のうちの1つにすることで成功した。最も高い到達し得る信用レートでこのように最も低い費用の資本を得る。バフェットは予期できる将来に経済または大自然災害で振られる企業のひとつにならないようにしている。彼は、毎年保険業務は翌朝に勘定書を明確にできる彼が知っていた唯一のことであると繰り返していた。

バークシャー・ハサウェイが開く年次株主総会には株主が多数出席する。そして、家族で参加する株主も多い。それは、「資本主義のウッドストックフェスティバル」と呼ばれている。ウォーレン・バフェットは、バークシャー・ハサウェイを経営させるための明確な後継者をまだ指名していない。

投資アプローチ
バフェットの商業投資における哲学は良き指導者ベンジャミン・グレアムの投資アプローチに修正を加えたものである。グレアムはその会社が固有の価値と比較して安かったので買った。彼は市場がそれらの固有の価値よりも相対的にそれらの価値以下の低い評価をしている限り、彼はしっかりした投資をしていたという信念があった。市場はその会社を価値以下に評価をしていたと気づくだろう。そして、その会社がどんな業種であろうとその軌道を修正するだろう。バフェットはこのアプローチの誤りに気づいた。

バフェットは価値に加えてビジネスの裏側にはしっかりとした経済的意義があるに違いないと信じている。それから、彼はいつ買うべきかについて心配する。彼の最初の問題は、何を買うべきか?ということであり、それから、次にどんな価格で買うか?である。

バフェットはもし価値が株価に反映されていないなら、ビジネスに投資するために急ぐような人物ではない。彼は市場の修正を待つかお買い得価格でしっかりしたビジネスを買うために株価の下落を待つ。彼は、証券市場の下落を買う機会として見る。彼は、市場で意地汚い欲望と投機がはびこる時彼は保守的である。すべての人が自分の利益に対して恐れを抱いている時、彼は強欲にそして攻撃的になる。

以下のことはメアリー・バフェットによって書かれた本『バフェットの銘柄選択』に基づく、どんなビジネスをしている企業の株を買うべきかを決めるためのいくつかの事柄である。

その企業は良い経済的意義のある産業に分類されるか? つまり、価格という点において競争している企業ではない。企業は消費者独占であるかロイヤルティーを自由に出来るブランド名があるか? 他の資本が潤沢にある企業がその企業と競争して成功することがあり得るか?
収益は力強い拡大傾向にあるか。そして、一貫して利益を出しているか?
資産比率に対する負債は低いか? 収益負債比率は高いか? つまり、数年以内に収益で負債を返済することが可能か?
その企業のROEはそれまでのROEを一貫して超えているか? ROEはその産業の平均と比較して高いか? 12%以上か? それとも総資産に対する高くて一貫したリターンを出しているか?
その企業は成長のための収益を保持しているか?
ビジネスは業務をするための高い保持費用を持つべきではない。低い資本消費または投資による現金流出。これは、生産能力を拡大するために投資することと同じではない。
その企業は、良いビジネス機会で収益を再投資するか? これらの投資を達成するための管理の実績は?
その企業は、インフレーションの価格を調節することができるか?
誰かがこのビジネスのお買い得価格はいくらかを尋ねると彼の典型的な答えは他の利用可能な投資機会と比較してみてそれが複利の高いリターンを実現する時であると答える。

スポンサーサイト


※当サイトを応援して頂ける方は、ワンクリックご協力お願い致しますM(_ _"M)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://whiteink.blog63.fc2.com/tb.php/10-5534be46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック